読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごりむんちょな星矢

ブログを書いてみようかなと・・

ふぐ師匠とぴかちゅうさんに会いに行ってきたぜ♪

へろ~エブリバディ。被リンク星矢でございます。

 

9月になったので、やることをクリアにするためにも書くぜ♪

 

まず、売上だ。売上は書かない。敢えて書かないぞと。俺的には、よさげなときに書いてしまうと、その後どんな状況になっても書き続けなければならないという変な何かに脅迫されているようになってしまう。

 

とにかくグッと我慢だ。・・・うむ。今回は何とか我慢でやんすよ。

 

でだ・・・8月の末に、ゴールド聖闘士のフグ師匠とぴかちゅうさんに会いに行ってきた。(順不同)

twitter.com

twitter.com

ふぐ師匠のフグ式ではないサイト

xn--yckwepa6e658qod0btsaj65k.com

 

ふぐ師匠は、共通の知り合いを通じて1年ほど前に知り合い、ぴかちゅうさんは、俺が10年近く仲良くさせてもらっているアフィリ聖闘士さんから紹介していただいたお方である。

 

俺はこういう誰かが誰かと会っている・・・的なことをタイムラインで見ると、正直心がザワザワしてしまう小っちゃい男だ。

 

だが、今回は、書かないわけにはいかない。そう…ふぐ師匠とぴかちゅうさんのやり取りは、俺のためになった。その感謝を多少なりとも行動で示さねばという気持ち。

そして…それにより俺が他の誰かをもしザワザワさせてしまったのだとしたら、それを補えるほどの何かを伝えないといけない…そんな気持ちである。

 

ということで、俺のフグ式風の近況を書くぜ♪

 

俺のフグ式風近況

言っておくが、ふぐ式に”風”とつけているのは、ふぐ師匠に申し訳ないからだ。これだけふぐふぐ言ってる俺が、全然成果が出ないと、フグ式そのものに迷惑が及ぶかもしれないからだ。

だから言っておく・・・俺がやっているのはフグ式風だ。

 

でだ。

 

フグ式風を2014年12月頃からはじめて…8月は発生で2~3万円くらいだった。

作ったサイトはというと…

 

<エース格のつもりのサイト>

20ページのサイトx3

2ページのサイトx1

11ページのサイトx1

10ページのサイトx3

7ページのサイトx3

50ページのサイトx3

150ページのサイトx1

16ページのサイトx1

15ページのサイトx4

40ページのサイトx1

110ページのサイトx1

35ページのサイトx3

1ページのサイトx1

で計26サイト(全て新規ドメイン

<エース格の部下的サイト>

ざっくりそれぞれ2~10ページで156サイトくらい。

 

だ。当然ながらまとめて全部一気に作れるわけではないので、運営期間等も含め、それぞれ進捗具合、評価され具合は違う。

 

今回、フグ師匠とぴかちゅうさんに会うまで…仮に追加でアドバイスをもらわなかったとしても、俺なりの経験に基づき、時間はかかるかもしれないけど、ある程度の結果は出るはずだと思っていた。その取組の一端が150ページのサイトのようにボリューミィーなサイトがちらほらあるあたりである。

 

ざっくり言うと、アクセスがまだまだ足りない。そう結論づけていた。

 

だが、フグ師匠とぴかちゅうさんとお話しをさせていただき、結構考えが変わった…というより変えざる得ない現実を見たというべきだろうか…。

 

フグ師匠のとある1ページのぺらサイトが、1日10アクセスくらいなのに、月3~5万くらいは売り上げているというのだ・・・。

 

そのこと自体は2014年12月の段階で教えてもらっていたことだが、その時の俺は、上位表示を狙っているKWのブルーオーシャンぶりとそのペラっぷりに、瞬間的に頭がお花畑になってしまっていた。

 

そうか・・・!!このレベルのKWで露出させればいけるのか!

 

そう思った瞬間に俺はお花畑さ♪

 

で、お花畑状態で、ひたすらサイトを作ってきた。フグ式風をはじめてもう半年くらい

たつのに、全然結果が伴っていないのは、運営期間のせいだ。もっとロングテールを強化して集客数を増やしさえすればいいんだ。

 

そうこれまでの中途半端な経験から思い込んでいた。

 

それが今回、お茶させてもらったことで再認識した「1ページのぺらサイトが1日10アクセスくらいなのに月3~5万くらい売上ているという事実」。

 

ここには、俺にはなくてフグ師匠にはある何かをあらためて認めざるを得なかったわけだ。

 

で、お茶する中、フグ師匠とぴかちゅうさんと色々なアフィリ話をする中で俺が感じたこと。・・・というか俺の頭に勝手に思い浮かんだことを含む。

 

保険の営業をされたり、マルチに誘われたり…俺にも人並みに経験がある。

そういう人たちがなぜか思い浮かんだ。

 

インターネットに疎く、人のつながりで掴んだチャンスは逃さない。そういうガツガツした感じ。そしてチャンスを逃さないための計算されたマニュアル、流れ…

 

俺は整体師をやっていた。整体、エステなんかでもそうだと思うが、売上優秀な人の中には、ガンガン回数券薦めたり、次回予約を薦める人がいた(今はどうか知らないしそれが良いかどうかは知らない)。

 

そして、俺はそういうのが苦手というか嫌だった。

 

アフィリに魅力を感じたのはそういうことから逃げることができる。そんなことで苦労しなくてもやっていける…。という側面もあった。

 

それが影響してか、CVRを煮詰めることに無意識に拒絶反応を起こした状態でずっとやってきたのかもしれないと思った。

 

今挙げたガツガツ系の話はふぐ師匠のことを言っているのではない。話をしていて俺の頭になぜか思い浮かんだことだ。

 

アフィリは目一杯CVRに尽力したとしても、ユーザーにユーザーによる意思決定の自由が残る。

 

これはデメリットでもあり、メリットだ。少なくとも俺には最高のメリットだ。

 

そう…目一杯CVR強化をしようじゃないか!妥協を許さずに…

※俺は自分のいい人ぶりにだけは自信がある。だから俺はどれだけ頑張っても大丈夫。そういう風に思っている。

 

幸い、俺はフグ式風を6ヵ月程やってきた。エースのつもりのフグ式風は26サイトある。中には、思いのほかライバルが強くて(フグ式風におけるKW選定の小さな失敗)新たなリンクを加えるか現れることがなければ、どうしようもないサイトもいくつかある。

 

だが、そこそこアクセスのあるサイト。アクセスは1日10程度だが狙ったKWで良い位置にいるサイトもいくつかある。

↑これらサイトは、妥協を許さないCVR強化でもしかしたらもしかするかもしれない。

 

そして、もしかしたら…という状況にまで持ってこれたのは、他でもない俺の頑張りだ。金になるかどうかわからない・・・ただのお荷物になるかもしれないという気持ちをぐっとこらえて、とにかくサイトだけは作ってきたんだ。

 

作ったサイト数が2とか3だったら、KW選定の段階で失敗してそれで終わっていたかもしれないということだ。

 

ということで今月はひたすら今あるフグ式風サイトを煮詰めてみる。

 

それでどうなるかだ…もしそれでも駄目ならば…また考える。そんな感じだな。

 

これだけフグ式風サイト作って結果が出ず、更にはそれをさらすのは結構恥ずかしい…。だが、まぁいいさ♪俺が要領悪男君なのはみんなもう知っているだろうからな♪

 

最後に…これらは全て、どうなるかはわからない。すべて現地点で俺が思ったこと。感じたこと…ただそれだけだ。

 

 

PS:フグ師匠はアフィリ歴約1年~2年くらいかな…俺は約8年9年…前も書いたかもしれないが、俺は数字の面で明らかにフグ師匠が俺よりも下だった時を知っている。

そんな人が、ぐ~んと追い抜いてゴールド聖闘士になってしまったわけだ。

俺も男だ。情けないとか悔しいとかカッコ悪いとかそんな気持ちは当然ある。

だが、受け入れるべきだと思った。

 

受け入れれば、逆に吸収できる力は半端ないと思う。

 

あのゼロだった人が、こんな風になったんだ。それは事実なんだ。と受け入れると、すんなりとその人がやっていることを真似してみよう、実践してみよう、盗んでみようという気持ちになれる。←パクリというわけではない。

 

自分の中で最初からすげ~人とか、何かの塾長だったりすると、

・あんたにはできるけど俺には無理なんじゃね~。

・それは本当に現実的な話なの?

・いいよね。あんたは別に収入源があるから余裕なんだよね・・・

みたいな気持ちがどこかにあって、それが俺の行動をことごとく邪魔してきた。

 

8年9年人生をかけているつもりでやっている人間が1年2年であっさり追い抜かれてしまっのは最高に恥ずかしいことだ。

 

だが、素直にカッコつけずに受け入れるとその先には最高のチャンスが広がっている…

 

この先、どうなろうと…「残酷な現実を受け入れる」…これは常に行っていこうと思う。

 

それがこの先々の変化荒波へ対応し続けるための良い方法の一つである・・・と今は思う。

 

みたいな…。

ということで・・・今月は・・・修正流星拳~~

f:id:hilinkseiya:20150501234902j:plain