読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごりむんちょな星矢

ブログを書いてみようかなと・・

今日は〇〇を始めて13年目なので…再び一区切りさせてみようかと。

うぉっす。被リンク星矢でございます。今日は、〇〇を始めて13年目の記念日なので、いろいろ振り返ってみようと思う。

 

アフィリ

1月は若干マシだったが、2月はしょっぱい。だが、3月以降はそれなりには上げていくことが出来ると思う。精神的にあたふたしないようにしよう。

 

昨年10月ごろにペナったサイトのリカバリー具合は、全盛期を100としたら今は4くらい…。作業ベースではお祈りSEOが最重要な局面に入った気がする。面倒くさがらずほどほどに頑張らねばならない。

 

ただ、ふぐ式…俺の流れに合わせた俺なりのふぐ式風は安定しているから…どう転んでも瀕死になる可能性は低い…たぶん…

 

気楽になれる要素はあるけど、お祈りSEOは、気楽さを一旦忘れて必死になってお祈りしなければなるまい…。

 

流星拳の手ごたえは。。。というと、これはホント、ある日突然稼げるようになる感じなんで、着実な感じがしない。だが、今までこれでやってきたので捨てることが出来ない…。

 

まだうまくやれば通用するという気持ちがあるから…。

 

でも、もしかすると、ばっさり切り捨ててふぐ式風一本にした方が良いのかもしれない…。

 

妻と自分だけの人員体制だからな…

 

このあたりのぐずぐずしたところが俺らしいと言えば俺らしいところではあるのだが…。

 

とはいっても、流星拳は面倒な作業の局面は9割型終わりつつある。あとは、ほんと、お祈りするだけだ。お祈りしてあげるだけ。

 

そして…手動くるまでは、これに関しては手間がかかるわけじゃないんだから…。ま、今は良しとしておこうや…。

 

作業ベースで少し落ち着いたから…この辺で、やはり今のぐだぐだ具合を打開するための新しいことを開始せねばなるまい…。

 

ということでここで誓おうと思う。

 

幸子を使いこなせるようになろう!!

 

と。幸子は、ほぼほぼ使ったことがない。理由はご察しください。ただ、もうそろそろ重い腰をあげねばなるまい。

 

ということで始める。だが…俺は、グーグルを信用していない。信用しちゃいけない。

と思っているし、そのスタンスは変えない。

 

スタンスを変えずに幸子と仲良くするために最善を尽くすつもりだ。

 

出来るなら、間違いなくレベルアップできるって思っていたことだ。ここらで面倒くさがらずにやってみようじゃないか!最善を尽くした上でな。

 

後は、まぁ、粛々とやっていこう。

 

基本は前に書いた記事の通りだが若干変わっている部分もあるだろうからもう一度書いておこう。

 

●流星拳…もはやお祈りが95%の局面。たいした労力は必要なしと自覚せよ。

●ふぐ式風…今いい具合なものを中心に注力。肉付け。やれば着実に結果を出せる技であることを認識して自信を持て。ゆえに、新たなネタが見つかったら、やれば俺は出来るんだと自信を持て。精度は着実に上がっているぞコノヤロー。

●まりそ…金が余ったらちょっとづつ頑張ってみろ。ただ、ふぐ式風へ回すお金とのバランスに注意だ。

●新たな読み物系…幸子を頑張れ。妻に入れんで頑張ってもらおう。

 

粛々と取り組みつつも、幸子導入で学んだことをふぐ式風にどのように活かしていくか…それにより収益をどのように大きくしていくか…だな。

 

やろうよ幸子、やろうぜ幸子。

 

うむ。

 

今日は〇〇を始めて13年目

今日は、結婚記念日なんですよね…。13年目の。

 

結婚前も含めると、15、6年かな…よくぞずっと一緒にいるなと感心する。

 

妻にね。

 

妻にせよ、子供たちにせよ…そして親にせよ…俺の存在は非常に重要なはずである。

 

勿論、相互にだが。

 

ココを重要にしないとなって自分自身に再度言い聞かせたい。

 

人間関係に悩んだら…相互に重要だと思いあっている人のことを思い浮かべればよいだろう…。

 

だが、それすら諸行無常。ゆえに…最終的には…

 

 

筋肉…

 

 

そう…

 

 

筋肉…

 

 

 

頑張って筋トレしようと思う。

 

だが、俺は…自分に関わってくれた人は最後まで大事にしたいなって思ってる。

自分から離れていくことは絶対にないと誓う。だから、安心してほしいし、幸せを感じてもらいたいなと思う。

逆はあり得ない話じゃないので…だから筋肉って話よ。

ということで…これからもよろしく家族でよいかな…。

f:id:hilinkseiya:20160228104409j:plain

 

2016振り返り。

ウォツス。被リンク星矢っス。2016年を振り返るっス。

 

10月位でしたっけ?手動ペナがきた。だが今回はフグ式のおかげで大事には至らず。

 

成長出来ていると思うんだけどなぁ。

 

いかんせん数字には現れない。現れているものはプライスレスなのかもしれないけど。

 

流星拳とフグ式とまりそ系と読み物系?

の4本立てでこれからもやっていく。

 

今は、フグ式があるから流星拳も伸び伸びやれる。

 

お金が余った時は、まりそ系と読み物系に回す。

 

色々単純作業が山積みだ。やる人間は俺と妻だけ。

 

それを変えようとは今は、思えない。

 

まあ、それならそれでいいのかなと思う。思えないものはどうしようもない。

 

ただ、今は、中途半端に幸せで、ストイックさに欠けている。作業量が少ないなと常々思う。

 

ツイッターから離れた害なのか、悔しいという気持ちが薄れて、普通に幸せを感じることが出来てしまっているのだろう。

 

とりあえず、願望を再確認して、コツコツストイックにやらねばならないということをここに誓いたい。

 

なんというか、、、家族ありがとうな気持ちあるね。

 

君たちがいるから、俺は強くなれていると思うし、そうだと信じてる。

 

手の届く範囲の人間、関わってくれた人間を幸せに出来たら上等だ。

 

地に足つけつつも、危機感を持って、ビジョンを持って、願望を再認識して、日々の「作業」からにげずに頑張ろと思います。

 

Ps:頭整理で勝手に書いてみました。つまらない記事ですがRtは歓迎です。

ツイッターを見ないようにしているのでお礼返信はできないかもです(⁎·́௰·̀)◞ ͂͂(˒̩̩̥́௰˓̩̩̥̀⁎)

 

 

前回の記事から約1ヵ月で書いておいた方がよさげなことと、ツイッターアカウントを削除してみたからこそ書ける本音…的なこと

うぉっす。被リンク星矢ッス。

 

一ヶ月程前に、

hilinkseiya.hatenablog.com

 という記事を書いたのですけど、一ヶ月ほど経ちまして…補足といいますかそういったことが後から出てきましたので少し書かせていただこうかなと…。

 

上の記事の中では、とにかく徹底的にサイトを見直して…みたいなことを書いたのですけど、「じゃぁ実際、被リンク星矢のふぐ式は全てバンバン修正してウハウハな流れになっちゃうのではないのか…」

 

と思われた方もいるかもしれません…。

 

が、実際は、そこまで単純な話ではないなと。

 

僕が唯一掴んだなと思うサイト…このサイトは完全にグーグルから好かれちゃってる感があるんですよね…。サービスとKWの距離も遠くないし、30程あるふぐ式サイトの中でも、数少ないアフィリ的に全てがつながっている感じのサイトなのです。

 

中には、グーグルからすげ~好かれてる感があるのですけど、商材とKWの距離を遠くし過ぎて苦戦しているサイトもあったり…(これを以後これを「残念君」とする。)

 

これら30程のサイトの中で修正してすぐに劇的に売り上げを伸ばすために最もキモな気がしているのが、「自分が詳しいかどうか」なんですよね。

 

最初に良い感じにできたサイトは、アフィリ的な流れが全て上手く行っている上、更に自分で記事を足したり、加筆修正できたりするんです…。

 

残念君は、僕自身詳しくないし、KWと商材が遠すぎたし…遠すぎたから何とか策を施そうにも、自分で記事に手を入れれないからお手上げな感じなのです…。

 

今まで書いたのは一例なのですけど、30程あるサイト全てで、

現状こういう手段しかない

とか、

もっと別の段階を踏んでから…

 

とか色々なパターンがあるような感じでして…

 

何が言いたいのかと言いますと…

 

●サイトを徹底的に見直しても、結果時間がかかるという結論に至るサイトもある。

●全てがアフィリ的に良い流れに持っていけてる上で、自分がそれなりに専門家的に記事を加筆修正できないとすぐに劇的にどうこうできるということは難しいのカモしれない。

 

この2点なんですよね。とりあえず…。前回の記事が景気よさげな感じだったので…一応補足しておきたくて…。

 

ただ、自分自身の中では、確固たる小さな理を見た気がしているのは事実といいますか…それを求めて敢えてこの1年ほどもがき苦しんできたので…やってきたことは間違ってなかったといいますか…俺はこういう力を得たかったんだというのが実現可能なところまで来ている気がしており、マンモスハッピーな状況ではある。

 

ツイッターアカウントを削除してみたからこそ書ける本音

数日前にツイッターを全て削除してみた。理由は…何となくとしか言いようがないのですが…ツイ禁をしたいけど、絶対に出来ないから、ならば一旦削除してみてはどうだろうか…と言った感じだ。

削除した時は、皆さんが忘れた頃にこっそり復活させようかな…などと考えてもいた。

 

1.期待してしまう自分自身が嫌になった。変えたいと思った。

僕の場合は…なんですけど、つぶやいたら、反応を期待してしまう。そんな自分が嫌になったというのはあるッスね。特に最近の自分はまりそのサイトのこともあったので、いわば商売も絡んでしまっていた…。

ただ、同じような境遇の人と交流したいだけだったはずなのに、今でもそうなのに…と言ったところで言っていることとやっていること(現状)が違うから…。

まぁ、このツイッターアカウントはホントどうしようもないよな…という感じだったのだなと削除して数日たってから思った。

 

2.俺は人が楽しそうに集まっているツィートが好きではなかった。

基本、ツイッターなんて各々が好きなようにやるべきものなんだと思う。いわゆる谷というのか…そこに流れてくる情報は有益なものもあるけど、自分としては、それ以上に人が楽しそうに集まっているツィートが好きではなかった。まぁ、谷に入りたかったけど、どこに谷があるのかわからない人間のボヤキみたいなものだ。

 

でも、こういう自分みたいな人間がいるから、楽しいというのもあるのかな…?

 

僕みたいなやつは結構いると思う。そういう事実は伝えておいても良いのかなと。

 

ただ、谷に入れないというのは、入れない人間が悪い…とは思う。そこだけは誤解してほしくない。

 

でも、入らないと自己実現ができないのか?と言えば、そうではないとも思う。

 

3.俺は何がしたいのか?

ツイッターを辞めたからと言って、人生辞めるわけじゃないし、アフィリを辞めるわけでもない。特に自分の場合は、結構長いことアフィリをやってきたし、最近、マニアックなところを攻める手法も何となくわかってきた。

 

おそらく、今の自分が目標と定めているところまでは、ただただ今の自分の頑張りだけで到達することができるはずだ。ツイッターでの情報収集をおろそかにしてしまったとしても…。(永遠に情報をとり続けないのが良いか悪いかというのはまた別の話で)

 

自分がどんなに何かを望んでも、どうにもならないことはある。でも、自分が描く自分の成功像というのは100%実現可能だ。

 

現状、どうにもならないことは放っておけばいいんだよと…。どうにもならないことはサクッと辞めちゃえばいいんだよ…。って感じかな…本音的には…。

 

ツイッターを削除して今はどんな感じか…

なんというか、仕事がはかどる。元々ボッチでずっとやってきていたから懐かしい感じもする。

 

今自分にとって、一番大事なことは…自分が自分に自信を持つということなのかなと思う。

 

振り返れば色々な人に助けてもらってきたと思う。でも、それは自分の行いの結果なのだろうと思う。

 

今の自分が目先の成功を守ろうとして、違和感を感じているのに嫌々なにかをしてしまっているのだとしたら…それはバッサリ切り捨ててもいいのではないか?

 

自分が信じた道をただ行くだけでも、俺はそこまで自分勝手な人間じゃない…そもそもが…。

 

どうあれ、何とかなる…そういう風に回っているし、今までそうだったし、きっとこれからもそうだと思う。

自分が自分であり続けれるならば…。

 

だからバッサリいっちゃおうぜ♪的な。

 

ただ、これは自分がそう思うだけであって非常に無責任な話なので、僕に影響されてツイッター辞めるのが良いとかそういうわけではないと思いますのでお気を付けください。

 

ツイッターは復活させるのか?

わからない…。自分でも今はどうしたいのかわからない…。ただ、今、自分は非常に気分爽快であるということは間違いなく言える。

 

どうにもならないことを諦めて、明らかに見極めたら、新しい道が見つかる…そんな感じですかね…。

 

ただ、自分が更新!?を忘れることが無ければ最初に書いた通り、みんなが忘れた頃にこっそり復活させるつもりだ。

ツイッター上にも、心が通じあっていると僕が勝手に思っている方々はいらっしゃいますので…そういった方々にはご心配をおかけして申し訳なかったと思う。

本当にすみませんでした。

 

こっそり復活した後、まだ覚えていてくれていたら、DMで飲みとかに誘ってくれよな。復活しても見る専門を目指すと思うので…

 

これからしばらく…

ツイッターの無い暮らしを楽しもうと思う。仕事ははかどるし、気分爽快だしで…。

見切ればどおってことないのよ。

 

とりあえず、そんな感じですかね。。。

 

 

ちなみにリツィートとかは大歓迎です…全然嫌とかございません…的な。

f:id:hilinkseiya:20160518021657j:plain

月2万円くらいのふぐ式サイトを月10万あるいはそれ以上にする方法アンド近況

うぉっす。被リンク星矢っす。ちょっと自分の中でルーチンワークといいますかやるべき最優先事項に変化がある感じで、ちょっと気を抜くといつものやり慣れた作業に戻ってしまいそうな気がするので、ここで自分への決意表明とこれをとにかくやるんだ!今はそれでいいんだと自分へ言い聞かせるために書くぜ。

 

ふぐ式風近況

自分の記憶だと、俺がふぐふぐにふぐ式を教えてもらったのは2014年の11月頃だったと思う。

ふぐふぐ↓

twitter.com

今は2016年の4月なので1年半くらい経っていることになるかな…。

 

 

 

(豆知識1)ふぐ師匠と呼ぶのは、いかにも自分がバカっぽくなってしまうのと笑える絡みが難しいので、本人に許可を得てふぐ、時にはふぐふぐで行かせてもらうということにした。 

(豆知識2)ふぐ式の名づけ親は他でもないこの俺だ。10年アフィリやってて、現状これだけが唯一の自慢である。

 

 

 

★ニッチなところ狙いで稼ぐつもりのサイト約30サイト程(ただのペラ10サイト程。30から50ページ程のサイト15サイト程。100ページオーバー5サイト程)

★それらを持ち上げるためのサイト150サイト程(5~10ページのタスク記事中心。サイトタイトルはある程度関連させてある内容)

★150サイトでは数が足りてないのでは?と思った時に追加で作った約50サイト(5~10ページ程)。内容は特に関連が無い。以前からストックしていたどうにもこうにもならないような記事。

 

現状これらだけで月40~50万円は売り上がるようになった(16年4月分の確定見込)。これらのみの維持費はざっくり月3万ほどだから、利益は自分的には中々であるというか、自分の被リンク流星拳のデッドオアアライブ感に比べると安定感があるので良い感じだ。

 

(豆知識3)俺の被リンク流星拳は基本、オールドドメインを10サイトくらい並べてスタートさせ、ある程度稼げるとみんなわかってるKWで上位表示を狙うものだ。ちょっとうごうごしたり2ページ目に行くと途端に収益が落ちたり、稼げなくなる。対ペナへの塩梅であるとか、ここ最近の1ページ目がカチッと固まり気味な状況など考えると割に合わない感がある。勿論、突き抜ける程やりきって成功している人もいると思うが、自分にはそのメンタルは無いし、そういうのが本当はあまり好きではない。

 

ふぐ式は、被リンク流星拳がうごうごしている時でも、基本的にはど安定なのだ。絶対ということはないでしょうけど…

 

経験的な話であれだけど、ライバルがひしめき合ってるところは被リンク勝負の要素が強いし、単体ワード、ビッグワードにアフィリサイトを押しこませるのもやはりそうだろう・・・また、目立つところ(KW)は目を付けられやすいというのも実感としてある。

 

 

0円のフグ式を月40~50万に出来た自分なりの流れ

<その1.とにかくばたばたしていた時期>

何が正しいとかはわからないのであれですけど、とりあえず、0円~月40、50万まで持ってきたまでの流れを書く。中にはただただ迷走していただけのものも含まれるかもしれないがご容赦だぜ♪

 

1.アクセス解析を見て、現状でも露出強化できるようなサイトタイトルに変更した。

(例)「所長の2週間ダイエット」という名前のサイトに、「誰でもできる2週間ダイエット 」というKWでの流入がやたら多くて、順位をチェックしてみたら「誰でもできる2週間ダイエット 」というKWで11位だった。サイト名変えるだけでもっと上に行って良い感じに軌道に乗るんじゃね!?で、サイト名変更。みたいな。

 

2.被リンク追加した。

これは悪い癖だったかもしれない。ただ、やれば順位は上がるし、露出は増える。ニッチなところだけにちょっとやっただけで効果は短期間で見てわかる。

「ふぐふぐはセンスがあるからリンク少なくても良かったんだよ。俺はそこまでできないから仕方ないんだよ。」と自分で自分に言い訳してかました。

 

3.トップページをある程度作りこんだ。

CVR。検索エンジンに好かれる。自分なりに思うこれらが両立されているであろうトップページに全てした。これは基本、これで完璧ってするのは難しいのかもしれない。

 

4.タスク記事を足して100ページオーバーのサイトにした。

これも少なくともふぐ式に限っては悪い癖なんだと思う。割に合わないというか無駄な努力というか・・・SEO脳が抜けきらない自分としては一種のおまじないのような感じになっていたと思う・・・。今後は特にふぐ式に限った話ではこういう考えも無しに記事を量産していくのはしないかなぁ・・・と思う。

 

その1.の時期はふぐ式をはじめてから今年の2月くらいまでがそうだったと思う。1年以上やってきて約230サイトもあって20万くらいしか稼げてないじゃん。どうやねん?俺に何が足りてないのよ????という感じの時期ですね…。

 

 

<その2.神が下りてきたかもしれない時期>

何気なくツイッターを見ていて、偶然見たとあるお方のブログ記事…。

※ご迷惑でしたらお手数をおかけし恐縮ですが、被リンク星矢までDMお願いいたします。

 

こういう系の記事ってたまに見るのですが、いつもただ「いいなぁ~~」って思うだけで流してしまっていたんですよね…。

 

ただ、今回は、自分なりに自分がなぜ駄目で、なぜこういう人が存在しているのかちょっと真面目に考えてみたんですよね…

 なんか神が下りてきた感じがしたんですよね… 

 

その1.の時期までで

月10万くらいのサイトx1

月0~3万くらいのサイトx29

みたいな感じでして…月10万円のサイトを改めて見直してみると…

 

ドメインは好かれてるんだし、普通にKWとニーズ意識して記事書いていけばどんどん見込客呼び込めるじゃん!サチコとかアクセス解析とかキーワードプランナーとかグッドキーワードとか知恵袋とかそんなのを駆使して。

★もっと真剣にサイト修正すればもっとCVRも良くなるじゃん! 

 

ということになったんですよね…。なったというかそういうのって頭ではわかってはいたんです。

ただ、忙しくて手が回らないっていうか…要はメンドクサくてやってこなかったことなんですよね…

 

★記事が重複する?

★新規でページ増やす?既存ページに追加する?

ネタは探せば探すほどたくさん出てきて、どういう風に対応するかは一筋縄に行かずこれまた無限…でも、やらなければならない。そういうこともメンドクサがらずに考えて、サイトを構成しなきゃっ!手を抜いたら駄目だと。やるときっといい!うまくいってる人はきっとやってる。楽してんじゃね~~やるんだよと。

 

僕は、最後まで世話しない種まきと被リンク流星拳ばかりだったのです…。勿論、種まきも大切で、それが無ければ何も始まらないとは思いますが…

 

ふぐふぐはちょっと例外なのかもしれないけど、短期間でぎゅ~んって売上あげてくる人って、数少ないサイトを凄く頑張ってるってことなのかな?きっとそうだ!そうに違いない!

 

と僕の中で結論づけました。

 

勿論、そこにはリスクがある。どうにも外してしまっている企画のサイトだと、どれだけ頑張っても稼げるようにならないことはあると思う。

 

短期間ぎゅ~ん組はある程度、商品選定とか、センスというかビジネス的覚悟というかユーザー目線というかそういうレベルが元々高かったというのもあるのかもしれないなと。

 

自分の場合は、自信がなかったから、闇雲に30サイトもふぐ式を立ち上げてどれも中途半端にしてきたのだろう…。

 

よし!30サイトの中から、結果が出すということを最優先にごちゃごちゃしてもいいからいいと思ったことを1サイトごとにやっていってみようとなったわけです。

 

30サイトあるわけだし、非常に果てしない作業なんです。そんなこと言いだしたら永遠に終わらないっぽいんですよね…。

 

 

でも、でも、1サイト月10万円のサイトをちょっと本気で修正したり加筆してみたら…明らかに変わったんですよね・・・今月は4/18地点で20万申し込まれてるんですよね…

 

おぉ。これは…!?

 

ということは他の月2万くらいのサイトだって…いけるんじゃね?ってかイケる。という流れで、その次に可能性のある月1~3万くらいのサイトx2をちょっと頑張ってみたら、これまた2サイト合わせて月15万くらいのサイトになったっぽいんですよね…。他のサイトでも地味にポロポロというのはあるので、全部合わせると現状ふぐ式風だけでの4月の確定予想は月40~50万くらいかなと…。

 

30サイトの内、明らかに失敗だというサイトもいつくかあるけど…基本的には、こういう風にやっていけばOKじゃね?積み上がっていくし良くないかこれ…

 

となったわけです・・・。

 

<問題点>

 めんどくさい。果てしない。がちゃがちゃしてて気持ち悪い。

自分的にはこれに尽きる感じだ。自分は何かと型にはめたがる性分のようで、これに真剣に向き合うということはがちゃがちゃしちゃうからストレスがハンパないんですよね・・・

 

今日は流星拳20本とサテサイト15サイトアップ・・・

 

みたいなのを何も考えずにやるのが落ち着くというかそれに慣れてしまっているというか…

 

でも…がちゃがちゃで整理が全然できてないけど、ちょっと1サイトと真剣に向き合っただけで月20万が月40~50万になるの?????更にどんどん拡張していけば…これは大変なことになるんじゃない・・・・!!!!????

 

となれば、それやるしかないじゃない!稼ぐためにアフィリやってるんだろ???

 

という話なんですよね。わかってるのか俺???

 

やれよ!!!やるんだよ!!!と。

 

でも、長年ぐだぐだアフィリやってきて、

gomiaf.hatenablog.jp

※ご迷惑でしたらお手数をおかけし恐縮ですが、被リンク星矢までDMお願いいたします。

 

今更こんな風に頑張れちゃう気がしないんですよね…(><)

 

でも、やるんだ!!自分なりにでもいいからとにかくやるんだと。

 

ぬおぅぅぅぅぅおおおおっ!!

 

自分にはっぱをかけておいて、お開きにしようと思います。相変わらずのぐだぐだ記事で申し訳ございません。

 

近況

ここ数か月は結構リア充だった。色々なお方に遊んでもらいましたので、感謝の意をこまご紹介させていただこうかなと…。

 

twitter.com

2月に大阪に行ってうらっちさんと二人飲みをした。うらっちさんは、悔しいが北村一輝の顔を少し薄くした感じの男前よ。なぜか

ねーやん㌠ (@neyanyan) | Twitter

のファンでもある。また遊んでくれよな♪

 

 

 

4月10日にパ・チンコ会があった。以下その時にいたメンバー(順不同)よ。

twitter.com

パチプロだった人だ。それはいいけど、名前が呼びにくい。省略するとチ〇コになってしまうからどうしようもない。

twitter.com

ウェブ主夫さんのサイト⇒FPウェブシュフ-主夫FP&公務員妻の老後準備ブログ

所長との熱いバトルをご記憶の方もいらっしゃるかもしれないッスね。

twitter.com

♡しょちょ♡(所長)。ウェブシュフさんと普通に楽しそうに会話してた…。

所長が優秀なのは皆さんご存知なのかなと思うが、なんか自分を見ているようというか…性格がそっくりな気がした…

 「僕も優秀だ」と言っているわけではないスからね・・[壁]_・)チラッ 

twitter.com

 

とよのさんのサイト⇒笑来

医療系の某国家資格を保有しており、今でもそれ関連の仕事をされている。看護師の採用などにも関わっておられるそうで、アフィリしか出来ない自分からすると、ウラヤマシイお方。

 

twitter.com

もふらんさんのサイト⇒ずぼら主婦のおうちキレイ日記

地元は三重ということでパ・チンコ会どんなもんやねんと。20代の時に俺と出会っていれば…今頃は…と。

ま、そんなケースは基本、相手側が「は~ん???」という場合が基本ですね♪

 

 

 

4月16日にみやけ班長会に参加させてもらった。豊田市って名古屋から10分くらいだと思ってたら、結構遠くてビビった。だが、また行きたい。

twitter.com

ふぐ好き過ぎのみやけ班長。がち班長なのがツボ。

なんかごつくて威圧感がある。なんとなくダパンプのissaっぽかった・・・。

ふぐと班長が渋谷で同棲することになっても俺は驚かない。 

twitter.com

2件目に行った〇女キャ〇クラで「級長っぽい」と言われ、翌日に即効で級長になった男。「級長ってどんなんやねん?」な絶妙な具合が素晴らしいなと。俺もなれるものなら級長になりたい。キレイメ系男子である。

twitter.com

ふぐサイト⇒マネナビ

ご存じ今をときめくふぐふぐ。イケメンで、稼いでいて、年下のカワイイ彼女がいて、更にはもーすぐゴールインな羨ましい男。

うむ。そんな不公平なことはない。たぶんふぐの足は臭いはずだ。きっとそうに違いない。そうであって欲しい…

 

※冗談です。たぶんいい匂いがします・・・というか話を聞くに僕のウン十倍も苦しんで頭を使ってきた感じですね…いやいや自分のアマちゃんぶりがただただ恥ずかしいです。

 

今回の記事は飲みの時に、ふぐふぐにある程度話を聞いてもらって、「そんな感じッスよ」と言ってもらえたのである程度信憑性のある内容になっているかなと…

f:id:hilinkseiya:20150501234902j:plain

 

なぜ、ツイッターでザワザワしてしまうのか・・・?俺の場合。

こんにちは。被リンク星矢だぜ♪

 

あまり書いてないから、書くことへの敷居が自分の中で非常に高くなってしまったが、書くぜ。

 

ツイッターのおかげで俺は未知の領域に手を伸ばすことができている。

少し前、ツイッターは良いに決まってるというようなことを呟いた。

 

 

 

それに関しては本音だ。

 

俺の場合、ツイッターをしていなかったら、クラウドソーシングを使い始めることはなかった。

また、お金に困るようなことがないような人がどんな感じ、心持ちでいるのかに触れることも出来てはいなかっただろう。近所にそんな人はいないからね。

 

これらは、それまでの自分の領域の範疇外のことだ。たとえ、必死に頑張ってますと言っても、それまでの自分の領域内でばたばたしているだけだと、結局いつまで経ってもそのレベルから脱することはできないのかもしれない。

 

ということで、今は、ツイッターで触れることができたこと、知る事ができたことを参照して、ちょっと背伸びして範疇外の領域にまで足を踏み入れているような状況だ。

 

で、改めて言おう。俺は今も頑張っていると。

 

俺はなぜツイッターでザワザワしてしまうのか?

最近、気が付いたのだけど、俺って本当は負けず嫌いなんじゃね?ということだ。

人は人。俺は俺。と本気で思っているのならば、ツイッターでザワザワすることなんてないんだ。

 

  • 俺だって頑張ってるんだ。
  • 俺だって負けてないはずなんだ。
  • 俺にだってできるはずなんだ。

そう思っているからこそ、ザワザワするのだと。負けず嫌いというと、何となくカッコいいイメージがあり、また、自分とは無縁の物だと思っていた。

 

だが、ザワザワするというのは実は俺が負けず嫌いということなのではないかと。

 

そう解釈すれば、非常にポジティブな雰囲気になる。

 

嫉妬も同じかなと。なんでもかんでも、ネガティブな感情は「俺は負けず嫌いなんだ」ということにしておけばOK牧場よ。

 

ツイッターは毒にも薬にもなる

ツイッターは毒にも薬にもなるということもあるかと思う。情報取扱い要注意…みたいなね。

 

そこには、自分自身の局面というのも関わってくるだろう。

 

★月30万まで行くだけのことは得た。後はやるだけ。というならば、他の情報を遮断してでもやる方が良いかもしれない。

ちんたらしてると、状況は変化していくから得たものがもしかしたら劣化してしまうかもしれない。そのリスクも考えると、情報を遮断するのも、最新情報をとり続けることも、個人レベルで見ればリスクはハーフハーフかも…だぜよ。

 

★サイトが飛んじゃいました。もうパニックです。何から手を付けていいかわかりません。という状況ならば、情報を取に行くのもいいだろう。他の調子よさげな人の状況を肌で感じ、また、勇気をもらい、今後やるべきことを煮詰めていく・・・みたいな。

 

などなど。ほかにも色々な局面があるのだろうけど、めちゃ長くなるから省略するぜ。

 

ただ、一番大事なのは…

ツイッターを毒にも薬にもするのは自分なのだと思う。良く効く薬は、良く効く毒であるともいえるかもしれない。

 

ツイッターが良いというならば、それは良い毒でもあるということを認めるべきなのだと思う。

 

とすれば、それを他でもない自分が上手に取り扱う必要がある。

 

最近、俺がしていることと言えば…

スマホ自己啓発系?と言えばいいのか…そんな感じの本を購入して読んでいる。

読書って、一旦しなくなるとホントにしなくなる…俺の場合。

 

で、最近、コマ切れの時間に俺はいつも何をしているのかと言えば、スマホをいじくっているわけだ。とすれば、その状況を受け入れて、スマホで読書すればいいじゃないかとなったわけだ。

 

これが思いのほか俺にとって大ヒットだった。

始めてから、今は、5冊くらいかな…2回読んだ。そして、今は3周目に入っている。 

 

こういう考え方になりたい…という本を何度も読んで、その本の人になってしまうくらいを目的にしてる。

 

今の自分がもし、成功しえない自分なのだとしたら、成功し得る自分に変えていく必要があるのかなと思うわけです。

 

そんなのもうしてるよ…という人…ごめんね。

 

ツイッターを上手に扱うためには、”自分”というのが必要になってくるのではないかと思うわけです。

 

ただ、本は、俯瞰!?ということで言えば、やや高いというか広い。だから、ツイッターもチェックしておくのが理想的なのかなと…。

 

 

自分がイケてないと…

自分がイケてないと、ツイッターが毒になる場合もあるし、それだけではなく、この先々の全てに影響が出ると思う。

 

例えば・・・note。noteなんて現状、俺は何のことかすらあんまり知らないのですけど、結局、読みたいと思うことを発信し続けれないと駄目なのかなと・・・。

 

読みたいと思うことを発信し続けることができるイケテル自分じゃないと駄目なのかなと…

 

でなければ、収益源としてはあてにできないのかなと…短期で考えるなら話は別なんだろうけどね。良く分かってませんし、正直今はどうでもいいのだけど。

 

また、まりそだ。知らない人のために!?フフフ。一応紹介しておく。

 

www.datsumoseminar.com

今、俺が手がけているサイトだ。俺の中ではサイト自体は8割完成したと言って良い。

 

エンターテイメントとアフィリ広告の融合で可能性を見出す。という目標のスタートラインに立った。

 

ということで言えばね(※アフィリの達人ということで言えば、まだまだだけど…それはまぁ、俺の成長次第だ)。

 

後は、どうやって、このサイトをたくさんの人に知ってもらうかどうかだ。

 

テクニックということで言えば、色々あるのだろう。だが、このサイトに関してはテクニックだけでは不十分な部分もあるかなと。

 

面白い!ステキ!魅力的だ!と人をひきつけ、惹きつけ続けるためには、やはりイケテル自分である必要がある。

 

別にそこまでする必要もないかもしれないけど、そういう存在にしていきたいなと。

 

とすればやはりイケテル自分を磨かなきゃとなる。その手段の一つとして、スマホで空いた時間に読書はかなりアリだ。

 

まりその応援も宜しくだぜ♪

 

現状…

現状、被リンク流星拳とフグ式、そしてまりそと取り組んでいる。

 

中々、フグとだけ向き合うことも、まりそだけと向き合うことも出来ないでいる。

 

それが良いのかどうかはわからない。わからないから…今はとりあえず全部必死でやってる。

 

ただ、被リンク流星拳は、あるところまでいったら、そこで一段落させようかなと思っている…。飛んだら速やかにリスタートさせて粛々とやるだけの流れにまで持っていけたら、その地点で被リンク流星拳はOKなんだと自分を自分で納得させようじゃないかと。

 

綺麗にまとめたいが…う~む……。

 

最近、ツイッターを見落としの無いように失礼の無いようにと必死になることを辞めた。ココで予め謝っておく。そして宣言しておく。

 

誰かにファボしたけど、誰かにはファボしない…それはただ見落としているだけなんです。悪気はないんです。見落としていたら…ごめんなさい!!

逆も然りで俺も気にしないように努める。気軽にいこう。栄光を掴むことが第一にみんな共に頑張ろうぜ♪

 

今は俺のやるべきこととそして自分自身と向き合うことが一番大事だと。

 

見落としの無いように、失礼の無いようにと思う気持ちは悪いことじゃないのだろうけど…そういう風になってくるとまさしくツイッターは毒になる。

 

 

楽しく、気軽にがいいじゃないのかね…。

 

と自分自身に語りかけてみる…。

f:id:hilinkseiya:20160228104409j:plain

 

ナイト(大阪ナイト)とゼミ長氏にむりやりコラボをお願いした話

こんにちは。比林句誠也(被リンク星矢)だぜ♪

先日は大阪ナイトに行ってきたぜ。12月にはアフィロックにも行くぜ♪

 

こういうのに興味はあるけど、どうなんだろうか・・・と思っている人は結構いるのかもしれない…

 

とりあえず、俺的には行ってよかったぜ♪

 

誰でも参加できるものだから、中には何かの勧誘で紛れ込んでる人もいるかもしれない…

 

だけど、基本的にはASPと提携して自分でメディアを作ってそこで広告して収益をあげていこうと思っている、やっている人がほとんどだ…。とりあえず大阪ナイトはそうだった♪

 

なので、迷っているのであれば参加するのはイイと思うんだよね♪僕はね♪

 

色々な人とお話しできたし、中にはお話ししたかったけど、ビビッて絡んでいけない人もいた・・・。

 

敢えて名前は出さない。そういうことにさせておいてくれよな。皆様本当にお世話になりましたm(_ _)m

 

更に名前は敢えて出さないが…凄い人はたたずまいからして違ったなと。更には、売名行為みたくなるからここでも誰とか書かないけどもだ…売名したいんだけどね♪

 

やってることにもよるけど、割と当たり前のことを当たり前にやって結果出してる的な場合もあるなと…。

 

で、その当たり前のことが実はメンタルと器を擁することだったりするし、だからこそ、実は簡単なようで一番難しかったり、更にはタイミングとか諸々絡んでくるなと…。

 

とすると、それを真似するだけでも厳しいわけで…だから下野して色々試行錯誤して、で、グダグダになって・・・みたいな♪

 

凄い人の何かを感じることができただけでも良かったと思う。ポイントポイントであの人ならどうするかなと想像しながらやっていくのも良いのかなと。

↑でもこれはマジでリスキーだと思うから実は辞めといた方がいい可能性が高い。だから、俺のばやいはとりあえずまりそのサイトでそれをやっていこうと思っているわけだ。

日銭系とは別でね♪

 

はい。グダグダです。ただ、言いたいのは、

 

ナイトは良かった。迷っているなら勇気を出して行ってみるのもいいんじゃね?

 

ということです。

 

ゼミ長さんとコラボさせてもらった

ゼミ長さんと言えば有名人…

twitter.com

アフィリエイターというか1人ウェブ制作会社な程の超絶スキルをお持ちでなんでも1人で出来てしまうお方…

 

shimizu3-chi.com

こんなサイトを1人で全部作ってしまえるというとんでもない人だ。

ゼミ長氏の名前を出すことも俺的には売名だろう。そうだよ。売名さ。

 

でも、ゼミ長氏は最初にアフィリ始めたときの塾が一緒で、お互いのグダグダ加減に勝手にシンパシーを感じている。

実はまだお会いしたことはないのだが、会ったら多分お互いに涙を流して抱き合うであろう存在…。←想像。

 

ということで、割と僕の中で自然な感じで「面白いと思うから声かけてみよう♪」ということになりまして打診させてもらったんだぜ♪  

www.datsumoseminar.com

 

 ↑このページの一番下にゼミ長氏はいる。そう、温かい目でまりそを見守ってくれているんだ。

 

PS:所長さん牡蠣食べに来るときはおしえてくれよな♪(もしよろしければお願いいたしますm(_ _)m)

所長さん↓

twitter.com

とりあえず、まりそも被リンク流星拳もフグ式も頑張るぜ♪

f:id:hilinkseiya:20150304152728j:plain

(終わり)

優秀な会社員が独立してうまくいかない5つの理由

優秀な会社員が意気揚々と独立するも、なぜかうまくいかない…心当たりはありませんでしょうか?

 

私は、現在、微風が吹けば消し飛ぶくらいの会社をアフィリエイトでの収益メインで5年ほどやっております。

 

その前には、整体師として、某整体学校で講師として勤務。独立して自分で整体院を経営。オートバイ買取などの古物商をやっていたこともあります。

 

そんな中で、アフィリエイトで、整体師で、それ以外で…1000人ほどの独立したいと夢見る人、実際に独立した人を見てきました。

 

その経験を踏まえまして、独断と偏見で優秀な会社員が独立してもうまくいかない5つの理由をまとめてみました。

※会社員も4年ほどしていました。

 

学歴・職歴の弊害

私が整体学校で講師をしていた時、有名大学卒で一流企業に勤務していた人がちらほらと生徒として入ってきていました。

 

そういう人達の中には、プライドが高く、何かにつけて自分の今までの経験や知識を誇示したがる人がいました。

  • 「あいつは偉そうに整体教えてるけど、どこでどんな経済活動をやってきたんだかな…」
  • 「その技には他にどういう意味があるの?もっとはっきりとした根拠を示してもらわないと…」
  • 「俺は会社でウン億の仕事してきたから…」

そういう人たちは、だいたい、そんな発言をしてました。

 

また、その発言が妙に板についていてイラッとすることが多かった記憶があります。

 

講師側として私は非常にとっつきにくく、無意識に距離をとってしまっていたものです。

 

整体に限らず、何かをゼロから始める場合、謙虚にふるまっている方が吸収できるものは多いし、より良い多くの情報が入ってきます

 

また、本人が望んでいなくても手を差し伸べてくれたり、助けてくれることもあるでしょう。

 

独立も新しいことへのチャレンジということでは同じですから、同様のことが当てはまるのではないかと思います。

 

そういった謙虚のメリットを受けることができないというのは、輝かしい学歴・職歴が育んだプライドの弊害と言ってよいでしょう。

 

縛られていないと頑張れない

会社員の時はサービス残業もバリバリやっていたのに、独立すると途端にサボりだす人も結構な割合でいます。

 

人に迷惑をかけてはいけない 責任を全うする そういった意識から頑張っていた人が、独立して自分がサボっても誰にも迷惑が掛かるわけじゃないとなると、頑張らないと生活できなくなるということがわかっていてもついついサボってしまう

 

そしてずるずると落ちていく…というパターンです。

 

会社員時代と同じように淡々と頑張っていれば結果がついてくるのに、それができない、そういう性分でどうしようもないという人もいるかもしれません。

 

独立しなきゃいけない絶対的な理由がない

  • 会社員には絶対に戻りたくない
  • 独立してこのプロジェクトを実現できる人間は俺の他にはいない
  • 独立して俺がやらなきゃこのサービスは駄目なんだ!
  • 会社員としてはこれは実現できないプロジェクトなんだ!

というような独立してやっていかなければならない絶対的な理由が自分の中に無い場合、独立してうまくいかなかったり、一時的にうまくいってもその後少し低迷してしまった時などにすぐに会社員に戻ってしまう傾向にあります

 

優秀な会社員は、会社員に戻っても普通に生きていくことができますから戻らない理由が無いともいえるかもしれません。

 

 「こんなのやってられないよ!会社員の方がいいよ。」

それはそれで一つの正解なのだと思います。

 

私のように、「会社員としては使えない」、「石にしがみついてでも会社員に戻りたくない」 という人間の場合、会社員に戻るという選択肢がありません。

 

生活に瀕することがあっても、100歩譲ってもせいぜいバイトまでです。

 

今はこんなだけど、いつか…いつかは俺の時代がくる…といつも妄想しています。

 

私自身はそれが楽しくてそうしているので何の不満もありません。

 

しかし、それが良いというわけではなく、会社員として優秀であるというのは一つの才能であり、どういう生き方をするのかは人それぞれかなと思うわけです。

 

クリエイティブ性に欠ける場合がある

優秀な会社員ということですが、今現在属している会社で優秀であるというのは、その会社のどんな部署に行っても、どんな上司の下であっても必ず優秀な人という意味を含ませていただきました。

 

本記事では「優秀な会社員イコール凄い会社員という意味ではありません。」

 

凄い会社員というのは、時と場合により冷遇されることがあります。

 

一時的に変人扱いされることもあります。

 

イチローオリックス時代、仰木監督が就任するまでは振り子打法を認めてもらえず、1軍と2軍を行ったり来たりしていました。

 

三重県の有名人、御木本真珠店の創業者御木本幸吉は、1人で真珠の養殖に挑戦している時、周りの人から変人扱いされていました。

御木本幸吉 - Wikipedia

こういった話は世の中にたくさんあります。

 

ですが、どんな時、どんな環境であっても必ず優秀な会社員で居続けることができるという人がいます。

 

空気を読むのがうまいとか、順応する能力が高いとか。

 

必ずそうというわけではないでしょうが、そういった人の中には自分だけで何かを考えるという独自性やクリエイティブ性に乏しい場合があります。

 

深層心理で独自性よりも協調性を重視しているとも言えるかもしれません。

 

そういう人は、独立よりも会社員の方が天職であると言えるのかもしれません。誰もが優秀な会社員になれるわけではありませんので。

 

自分のことになると途端に駄目になる

よくウン億円のお金を扱い、しっかりと儲けを出し続けていたトレーダーさんが、いざ独立して自分のお金で同じように運用しようとしても全くうまくいかないというケースがよくあると聞いたことがあります。

 

トレーダーに限らずどんな仕事でも、独立すると、全ては自分のお金、自分の生活にダイレクトにつながってきます。

 

昨今、会社員も厳しいということはあるでしょう。

 

しかし、会社員は無遅刻無欠勤で会社に通い続けていれば、すぐに餓死することはありません。

 

しかし、独立すると、無遅刻無欠勤で更には1ヵ月休み無しで働いたとしても1円も稼げないどころかむしろマイナスになることも良くある話です。

 

会社員のように雇用保険はありませんし、また労働基準法なるものも全く無縁のものでお金が無くなった地点で即刻ジ・エンドです。

 

こういった具合に、仕事での成功失敗が自分自身の生活へ及ぶ距離に違いがあるのです。

 

その距離の違いで、会社員時代にやれていたことができなくなる人がいるということなのではないでしょうか?

 

まとめ

以上勝手気ままに優秀な会社員が独立してうまくいかない5つの理由をお送りしてきました。

 

私は、独立してうまくいかないことがイコール駄目なこと、駄目な人だとは思いません。

 

会社員に戻るメリットとデメリット、独立して頑張り続けることのメリットとデメリットを天秤にかけた結果を踏まえた各々の判断に過ぎないと思うからです。

 

諦めるという言葉がありますがこれには明らかに見極めるという意味を含んでいると言われています。

諦めるという言葉は「明らかに見極める」などの意味を持つ「明らむ」から派生した言葉で「諦」と言う漢字ももともと仏教用語で「真理を悟る。道理を明らかにする」と言った意味で使用されたもの。物事の本質を見極めればつまらない事に固執しなくなる。

(引用)不幸な国の幸福論 加賀 乙彦 集英社

 

会社員の方が自分には合っている。そう明らかに見極めたに過ぎないのかなと。

 

ただし、私個人的には、会社員には絶対に戻りたくないという何とも自分勝手で向上心の欠片も無い強い思いがあります。

 

会社員時代に、常時3時間睡眠程。更にはいつも「馬鹿、カス、〇ね」と言われ続けていた嫌な経験がそうさせているかもしれません。

 

だから、会社員に戻って普通にやっていける人に対し尊敬の念すら覚えてしまうわけです。

 

会社員でも会社員じゃなくても…自分の中に理由があってそうしているならいいじゃない?どうであれ今生きれていることはすごいことだよ。 と思うわけです。

 

最後に

会社員には絶対に戻りたくないという思いで必死な私ですが、最近、生き残りをかけて制作中のサイトがあります。 それがコチラです。

http://www.datsumoseminar.com/

このサイトは私が初めて、本気で制作運営しようとの思いでやっているサイトです。

 

漫画主体で閲覧するに値する価値と商品売上を両立させる…そこにネット上に存在する価値を見出していこうとしているサイトです。

 

まだ製作途中ですが、良かったら一目拝見いただければ嬉しく思います。

 

このサイトの成長をこれからもチェックしていただければ嬉しく思います。

 

SpecialThanks

上述のサイトは、僕がゼロから1人で生み出したものではありません。

 

このサイトを産み出すまでに、別の色々なサイトや人、アイディアにインスピレーションされてきました。

 

その延長線上に私のサイトがあったというわけです。

 

以下に、特に影響を受けたサイトを紹介させていただきます。

pepera.jp

キャラで独自の存在価値を確保する、そしてそれが、私のような小さな事業規模でもやればできるということを教えてくれた。

 

xn--e--0g4awc3c1451cnh5a.com

漫画を導入している。自分も漫画を導入してみようかと思うきっかけを作ってくれた。

 

www.cardloan-abc.net

サイトを公開するメリット・デメリットとメンタルを私に示してくれた。

私が中々飛躍できないでいるのが自分自身の器量の無さそのものなのではないかと思うきっかけをくれた。